悪臭の犯人

★みやこ記★なんとなくだるくて集中力がない、おまけに昼下がりは睡魔に襲われる・・・。それもそのはず、今週から10日間、住職が仏光寺のお勤めの当番で、ずっと6時起きなので、それにつきあっているのです。

★「寝坊できない」との緊張感から夜中に何度も目が覚めたり、夢をみたり・・・。でも、まさに「早起きは三文の得」ですね、手際よく朝の家事をすませて新聞もゆっくり読めるし、何よりも「ゆとり」があります。

★おてらハウスの開店までのこの「ゆとり」の時間に、以前から気になっていたことを解決しようと、3本のハナミズキが植えられているおてらハウス玄関へ、枝きりバサミを持って出て行きました。

それは・・・ハナミズキの若葉がでてきた頃、ちょうど1ヶ月ほど前からなんとなく鼻につく妙な臭い、ハナミズキの花が満開の時期には「妙なにおい」から「とても臭い」になり、そのうち花のまわりにハエが飛び交い始めました。

去年はにおいなどなく美しい花が咲きました。ハナミズキにはにおいがきつくなるという性質はないのですが、すっかり「異臭」の犯人扱いされていました。何度もハナミズキをにおいながら、「においの元」を捜しました。

ぬれぎぬを着せられ、枝を切られたハナミズキ
画像


結局わからないまま、客商売なので放っておくわけにもいかず、ついに枝をきり、その下の、今咲こうとしているつつじを2株ともほりおこしました。それでも悪臭はなくならず、気温が30度近くにあがってきて、においはより一層きつくなってきました。すっぱい異臭です。

★おかしいなと思って、ふとふりかえると、おてらハウスのすぐ前の道の、マンホールみたいな溝(雨水濾というらしい)のロの周辺に、数匹の銀ハエを発見。そしてのぞいてみると、そこには・・・ビニール袋に入った謎の物体が、いくつも!!

液体のようでドロドロしていて、明らかに腐っています。それもよく見ると捨てられていたマンホールは2箇所ありました。おそらく何ヶ月前かに、何者かによって大量の「ヌカ」のような物が袋詰めされて投げ込まれていたようです

悪臭の真犯人、前の道路の雨水ろ
画像


時がたち、気温の上昇とともに腐敗して異臭を放ち、ハエが発生した、というのが我が家の推理です。ここしばらく犬の散歩などで行き交う人たちのなかで、この異臭はうわさになっていたらしいのです。それにしても、いつ、誰がふたをこじあけて捨てたのか・・・ひどい話です。

★役所に連絡し、清掃の業者さんが来られてて、お昼ごろ町内会長さんや住職立ち会いで処理されました。おてらハウスの管理人夫婦は、マンホールの溝に気づかず「においの元」がハナミズキだとして、枝を切ってしまった・・・いやー、やっぱりにおいはハナミズキではなかった・・・ごめんなさい。

★ちょうど清掃業者の作業中に、今週から始まっているグループ展「団地ランチ展」の新聞取材で記者さんが来館。バタバタしている間に取材が終わり、今日の朝刊に掲載されました。

それをチェックされたのか早速KBSラジオの生出演依頼がありました。やっぱり「早起きは三文の得」です。ゆとりがあるので、前回のTⅤ取材とちがってお化粧も念入りにしました。(ラジオだからお化粧は関係ないのでした)

ラジオカーのレポーターが京都のまちかど情報を提供していくということで、「団地ランチ展」について、おてらハウスとラジオ局を結びながらのインタビューで、打ち合わせはしたのですが、生放送はかなり緊張気味の超ヨソイキの声(?)で答えていました。後で聴くと質問と答えがややずれていたりして・・・冷や汗ものでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • VISVIM サンダル

    Excerpt: 悪臭の犯人 おてらハウス日記/ウェブリブログ Weblog: VISVIM サンダル racked: 2013-07-10 00:08