平成画僧展その他

■おしょう記■何かへとへとだ。今週水曜日から、ずっと企画を進めてきた「平成画僧展」が始まった。前日、搬入の最後の作品が揃ったのが夜の9時。それからレイアウトを始めたが時間切れ。翌日、朝一番から看板を作ったり、作家紹介を作ったり、オープンしてからもまだ、あちこち準備を続けていた。

■実は先週中にお葬式が2件続いた。しかもご親戚同士。これはお寺である限り当然起こりうる話なのだが、お葬式は実は、見かけより結構、肉体的にきつい。それがほとんど5日間のうちに集中した。その間に寺院の護持会総会を開催。これはお寺の総代さん始め、世話人さんなど7,8名に、年一回集まってもらい、年間会計や活動などについて論議していただく会議だ。

そのレジュメなどの準備もあったが、その直前に2件目の枕経の依頼があったりした。そして翌日には、地域の少年補導のパレードで、円山公園から市役所まで行進。それ自体は大した運動量ではないはずだったが、足が痛くなり、体が疲れてしまった。

■続きに今の平成画僧展の準備に入って、始まってからも休みなくチラシやニュースつくりなど何かの仕事をしながら、展覧会に来ていただいた知人のお客さんに応対したり、取材に来てくれたマスコミの対応をしていた。初日に、KBSーTVの取材が入って夕方のニュースで流してくれたが、撮影している横でまだ、キャプションを書いているような状態だった。

画像


しかし、展覧会自体は、半年かけて企画を温めてきたこともあり、思い入れもあるし、結果的には質量ともにレベルの高いものとなった。それだけに、案内を出したマスコミ各社が記事掲載をしてくれなかったりすると、つい「何でやねん」という気持ちにもなり、ギャラリー欄にも出ていないこともあり、厚かましくも電話を入れると、案内が届いていないところもあり、あわててFAXを送ったりもした。

■日蓮宗の住職で、ラジオのDJなどもされているSさんは、今回、僧侶の似顔絵シリーズを出されているが、これも結構好評。まだ会ったことがない人の顔でもいかにも似ている?ような気がして、ご本人が来場されるのを楽しみにしている。Sさんは、百人の僧侶の似顔絵を目標に、完成したら本にして出品されるそうだ。実は住職の似顔絵も描いていただいて、今回の作品の中にも含まれている。(上記)

画像




また同じく、出品している作家さんのお一人で、日蓮宗のFさんは、ほとんど毎日ギャラリーに詰めていただいて2Fでお客さんに対応していただいている。来場者に手書きの絵葉書をプレゼントされていて、これも好評だ。

同じ佛光寺派からも、大阪の住職さんに出品してもらったが、その縁もあって本山に色々の研修に来られた、各地の住職さんなどものぞいていただいてそれなりに賑やかだ。

画像


■とりあえず前半がどうにか終わり、来週の後半に突入。最終日の祇園祭りの宵々山には「トーク&ライブ」ということで、シンガーソングライターの鈴木君代さんのライブや、杉若さん、法然院の梶田真彰さんなどのトークなどのイベントがある。これも有料だが、なかなか普段は実現しない豪華な内容と自画自賛。

そしてそのイベントで夏前の大きな行事が終わって、あとはお盆バージョンに突入する予定だったのだが、急きょ新しいサプライズ企画が入った。詳しくは後日、美也子支配人から・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック