広島のおみやげ

★みやこ記★前回書いた桜の葉っぱがどんどん散ってきて、境内がオレンジ色になりました。掃いても掃いても、風がスーッと吹くとまた散って、今日は1日中時間があれば、ホウキを持って葉っぱと格闘していました。

★先日住職が日帰りで、広島に「出張」しました。幼稚園も運営されているお寺で研修会があり、そこへお説教の講師として呼ばれたのです。(参加者は結構年配の檀家さんと20代前半の幼稚園の先生だったとか)、「広島といえば、やっぱりカキやなぁ」と出かける前に、私と娘がそれとなくプッシュ・・・。

画像


やっぱり言っておくものです。夕方帰宅した住職の手にはおみやげが・・・大きな袋に殻付きのカキがどっさり入っていました(かなり重かったようです、お疲れ様でした)。

早速電子レンジでチーンして少し開いた殻を、いっしょに入っていた道具でこじ開けると、プリプリのカキがでてきました。磯の香りがして、レモンでもよし、ポン酢でもよし、ウ~ン、最高!!

しかし当たり外れもあるのです。殻が大きくても中身が小さかったりして、誰のが大きいとか小さいとか、ヤイノヤイノと取り合いしながら?大騒ぎしていただきました~ごちそうさま。

★おてらハウスでは、「あっ!とアートお散歩展」が始まりました。9日にはイベントがあり自由に参加いただけます。またイベント中もギャラリーの見学ができます(カフェはイベントのため休みます)ので、どうぞお気軽にお越しください。

まだ始まったばかりで、来場者はあまり多くありませんが、7人の作家さんの作品をじっくりと観賞していかれます。私もお客さんとゆっくりお話することができます。

お客さんたちと、いろいろおしゃべりしているうちに、何故かNHK朝の連続小説「ちりとてちん」の話題になったです。なかなかおもしろいので人気があるようです。

「主人公が失敗を重ねながら成長していくのがいいね」とか
「落語って楽しい」とか、
そして中には、
「主人公のキヨミはみやこさんに似てるね
「エーッ?」、まあこんな話に・・・
それにしてもキヨミとみやこでは、あまりに年が違いすぎ・・でもピュア(ドジ)なところ?は似ているかな?!

★ところで、そのみやこも、最近は落語会に行くなど、ただ今落語に夢中です。そしてこのたび落語に親しむ仲間とともに「らくごビギナーズ」を結成し、来年2月に大善院本堂で、「おてらくご」という企画をすることになりました。

なんといっても「ビギナーズ」ですから、出演者との交渉などすべてが初めてのことばかりで、結構「悪戦苦闘」していたのですが、やっとまとまってきました。チラシもできあがってご案内できそうです。詳細は後日おてらハウスのHPやニュースなどでお知らせします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック