小旅行

●みやこ記●新緑の候、爽やかな風に吹かれていたいのに、顔をマスクで覆っているとムシムシしてきます。新型インフルエンザの流行は少しおさまってきたのでしょうか。日常生活では課題が多く、ここしばらくバタバタしていて、気持ちが煮詰まっていました。

●先週「坊守会」(お寺の奥さんの会)の総会があったのですが、新型インフルエンザの影響で、急きょ予定していた「嵐山散策」を取りやめて、自宅周辺での企画に変更したものだから、主催者である私は、改めて食事場所を探したり参加者の方に連絡をとったりしていました。

「会長」という名前をいただいていますが、そんな威厳があるわけではありません。どちらかといえば「幹事」か・・・。総会では、新しい企画も決まり、準備していくことになりました。

●また次の日には「アイアイハウスを支える会」の総会があり、こちらも主催者で、上京区の施設まで出かけたのです。

「支える会」は施設の後援会組織で、資金の援助などを目的として活動するものです。施設にとってはとても重要な「会」なのです。参加者はやや少なめでしたが、今回は「発足式」ともいえる大事な総会で、事務局長として、活動内容などいろいろ提案させていただきました。

実はこの会の会長は、全盲の弁護士として有名な竹下義樹弁護士で、当日も来ていただけることを楽しみにしていたのですが、急なお仕事が入り残念ながら参加されませんでした。

あとの茶話会では、お豆腐やおからかりんとうなどの試食もして、楽しい雰囲気でした。しかし課題も多くあり、がんばらなくては・・・。

●あわただしい中でしたが、おてらハウスの休日を利用して遠出をしてしまいました。佛光寺の布教使(お説教をするお坊さんたち)が集まる勉強会が新潟のお寺で開催され、夫が参加するので、私もお供したのです。

とはいえ、私はその会に参加するのではなく、まるっきり「観光」といったところです。勉強会の前日にJRで出発、富山からレンタカーで新潟まで・・・詳しい説明は夫に譲りますが、浄土真宗開祖の親鸞聖人が流罪となり、教えをひろめられた越後の地は、「聖地」であり、1度は訪れたいところでした。

流罪になった親鸞聖人が上陸されたという居多が浜に建つ御堂
画像


浜辺には海の家が建ち並び・・・
画像


親鸞聖人が船で着かれたという浜を観た時は感動しました。さらに目を見張ったのは、ジェロが歌うあの「出雲崎」です。良寛さんの生誕の地でもあり、「良寛記念館」からみる夕日と佐渡は、新潟一素晴らしいのだそうです。

私も観ました。真っ赤な夕日、うっすらと海に映る佐渡、日本海の波音が、日頃は眠っている自然への想いを呼び覚ましました。街中に住んでいると、なかなか感じられないことです。

出雲崎の海岸
画像


良寛記念館のそばの、海を見下ろす丘にて
画像


「新潟に行くならぜひ」と知人から教えてもらった人気の「岩室温泉」を素通りして、燕三条駅前のビジネスホテルに到着した後、新潟のお寺のHさんご夫妻や関西方面からのグループといっしょにお食事会に行きました。

出発前は風邪気味でしんどそうだった夫も回復したようで、ホッとひと安心。

●2日目、夫は布教の勉強会へ、私は東京へと、別行動です。初めて2階建ての上越新幹線「Maxとき」に乗りました。見晴らしはバッチリです。(でもトンネルが多かった)

東京での目的地は「ちひろ美術館」、さてひとりで行けるか・・・大丈夫と言い聞かせています。
東京駅から電車とバスを利用して、お昼頃には到着しました。周囲には畑があったりして静かな場所にありました。

さりげない案内板
画像


2002年にリニューアルした美術館は、全体が「いわさきちひろ」のイメージで、今は生誕90年を記念して「ちひろの昭和展」が開催されていました。ショップの他、カフェコーナーもあり、そこで昼食をいただくことにしました。

外から見た風景
画像


カフェスペースは室内とテラスですが、なんとテラスにはヤマダヨウジカントクらしき男性が数人の美術館スタッフとミーテイング中(?)、近づこうとしたのですが、残念ながらテラスは満席で、もっとよく観ようとテラスを覗き込んだりして・・・。

展示室や多目的ルーム、テラス前の庭など、おてらハウスも学ぶべきところが多く、ゆっくりと時間をかけて観て来ました。

●静かな「ちひろ美術館」を後にして、新宿、原宿、そして若者の街渋谷へも。びっくりするくらいの人、人、人・・・昨日の朝、京都を出て富山から新潟へ、そして東京へとずいぶん移動したけど、今のところ無駄も少なくうまくいっている、いつも珍道中なのに・・・そう思って、駅弁を買い品川から「のぞみ」に乗り込みました。

と、ここでやっぱりちょっと嫌なことに遭遇、結構混んでいる車内でやっと座れた3人がけの席の真ん中に座る男性が、窓際に荷物を置き座っているのです。

お連れがいるわけでもなさそうで、窓際の席に移ってくれたらお互い楽なのにと思いつつ、駅弁も食べられず、新横浜まで我慢・・・ついにおなかもすいてきてジャリジャリと駅弁を広げ始めたら鬱陶しそうな様子です。なんで真ん中にすわるの・・・それも足を広げて・・・名古屋でやっと他の席が空き移動しました。

●そんなことで休日2日間の小旅行となりました。夫は新潟で勉強会に出た後、もう1泊して、滋賀方面からのグループの車に乗せてもらって帰宅、元気そうです。おてらハウスは今週、中川学さんの作品展続行中、がんばるぞー!






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック