初めてのお留守番

●みやこ記●庭では「ツクツクボーシ ツクツクボーシ」の大合唱、朝夕は涼しくなり、過ごしやすくなりました。もうすぐ8月が終わろうとしている・・・ちょっとゆっくりできた日々でした。

ということは、私の「夏季休業」もそろそろ終了・・・9月からの営業にむけおてらハウスの掃除や、企画の打ち合わせをを始めています。

●夏休み最後ということで、先日、「おてらハウスの研修旅行」と称して突然信州安曇野まで出かけてきました。

●「研修旅行」の目的は、もちろんギャラリーや美術館めぐり 。安曇野はいわさきちひろ美術館をはじめとして、数々の美術館やギャラリーがあり、いちどは訪ねてみたいところだったので、大・満・足!!

画像


5月に東京のちひろ美術館へ行った時、映像で安曇野にある美術館の紹介を見て「ここだったら1日中ゆったりと過ごせる」と思っていました。現地に着いて、やはり想像のとおりです。

美術館は、戦後いわさきちひろの両親が開拓農民として暮らしたこの土地に建てられ、「安曇野ちひろ公園」が広がっています。周囲の北アルプスの山並みが大きな空へと続き、開放感でいっぱいになります。

絵本作家としてのいわさきちひろの作品を味わい、ミュージアムショップやカフェにも寄っていると、ついつい時間が経つのを忘れるくらい・・・また、そこで「本」を買ってしまいました。

その他にも、美術館「森のおうち」や「ジャンセン美術館」「安曇野絵本館」など観てまわり、安曇野を満喫しました。

画像


●また水の美しい安曇野は、わさびの栽培が盛んです。観光スポットとなっている「大王わさび農園」に立ち寄ってきました。広大な土地にわさび栽培がされていて、わさびの販売所、信州そばなどいろいろなお店がでて、観光客で賑わっていました。

画像


なかでもちょっと目をひいたのは、園内を流れる美しい川です。黒澤明監督の映画「夢」の舞台となり、撮影のために3つの水車が作られたそうです。わずかの時間でしたが「川からの風景を楽しむ」というのでボートに乗り込みました。

画像


相変わらず前夜に宿泊先のペンションを予約するなど、急な計画でしたが、爽やかな初秋の信州を楽しんできました。

画像


●ところで2週間前、大善院にやってきたセキセイインコは、あれこれの候補の中から「ピースケ」と名付けられ、ひとまわり大きくなってエサも自分で食べるようになりました。

カゴのなかのおもちゃで自由に遊び、クチバシをうまくつかってさかさまになって天井を動き回る姿は「モモンガ」のようです。

画像


「ピースケ」と名前を呼ぶと、さえずりながら近づいてきて、手に乗るようになりました。最近ではカゴの底に敷かれている新聞紙にもぐりこんで遊んでいます。ホントはもっと広い遊び場がほしいのでしょう。

そんなピースケも今回の旅行中は初めてのお留守番となりました。

●帰ってからはすぐに、アイアイハウスを支える会で参加している北区の地域の夏まつりにかき氷とチヂミを販売するというので、行って来ました。

私はチヂミを焼く係で、材料がなくなるまで、学校の家庭科室にコモってずっと焼いていました。お昼ごろ少し雨が降ったもののお客さんも多くよく売れました。

終わった後はごま油のにおいがする身体で打ち上げへ、夜遅くもどってきて、連日クタクタでした。

9月2日(水)から通常の営業を始めます。9月半ば頃には楽しい企画も予定しているので、メール、ニュースにて後日お知らせします。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック