『おとうと』で号泣!!

●みやこ記●雨が続き肌寒い毎日、うちの庭のが山桜がややピンクになってきて、開花する時期を待っているようです。おてらハウスは「花まつり」協賛の展覧会の準備で、4月7日までお休みです。

お休みといってもホントに休暇をとっているのではなく、公私ともに忙しく毎日流れるように過ぎていきます。

●そんな慌ただしい時に、少し時間を見つけて映画鑑賞(『おとうと』)に・・・。
時々「50歳以上夫婦割引」を使いますが、ほとんど「映画はひとりで観るもの」と決めています。
今回も、ひとりで・・・映画の題名から考えて、夫を誘うことはできませんでした。

この映画を観ようと思ったのは、2冊の本です。
1冊目は「絵本 おとうと」(松本春野 文・絵  山田洋次 監修)です。

「市川昆監督の名作『おとうと』をヒントを得て作られた、山田洋次監督の『おとうと』、映画『おとうと』から生まれた『絵本 おとうと』」ということらしく、特に、いわさきちひろの孫である松本春野さんの絵を見たかったのですが。

もう1冊は、「きぼうのいえ 涙と笑いの8年間 山谷でホスピスやってます」 (山
本雅基 著)、少し前に本屋さんで偶然見つけていっきに読みました。

画像


行き場をなくし希望を失いかけている人に人生最後のひかりを見出してほしいという熱い想いから東京・山谷というドヤ街に、夫婦で在宅ホスピスを立ち上げたという内容です。

私が興味をもったのは本の帯に「映画 『おとうと』のモデルとなった実在のホスピスの物語」と書かれていたこと。

そして本の最初に山田洋次監督のメッセージが載っていて、「この本と巡りあわなければ、きぼうのいえを知らなければ映画『おとうと』は違ったものになっていたでしょう」と。
山田洋次監督にそこまで言わせる在宅ホスピスとは・・・。

●映画のあらすじはだいたい知っていて、賢い姉と、お酒に弱くお金の管理など生活面でもうまくやっていけない弟の物語で、「寅さん」の兄妹と反対みたいな感じかなぁ・・・と思っていました。

ものすごいサプライズは特にないし、盛り上がるとか、そんな感じではなく、観る人によっては、ちょっと物足りない思いがするかもしれませんが。

でも私は・・・最初のシーン、吉永小百合演じる姉の娘「小春」の結婚式披露宴に、名付け親で音信不通の弟(笑福亭鶴瓶)が、ほぼ「乱入状態」で登場した時から号泣でした。

突然結婚式にあらわれたかと思うと、小春を愛しく思うあまり披露宴で大暴れ。
小春は、だんだんこのやっかいなおっちゃんが嫌になっていくのです。

「なんでこのおっちゃんが私の名前をつけたの? なんで“小春”なの?」
 
姉の吉永小百合、娘の蒼井優、弟の鶴瓶、他ベテラン俳優さんや有名人が出ているのに、なぜか普通に存在するおとなりさん的な雰囲気なのです。

きっとこの「おとなりさん的」な人たちに私の涙腺は強く刺激されたのでしょう。

●美しく賢い姉は、できの悪い弟や、離婚して実家に戻ってきた娘、同居する年老いた亡き夫の母のことなど、いくつもの悩みをかかえながら、ひとりで小さな薬局を切り盛りしていますが、そこにヒロイン「吉永小百合」のオーラではなく、私のすぐ近くにいる普通の女性として映し出されます。

姉や、弟など登場人物のなかに、私の家族や、親戚のおっちゃん、おばちゃん的な姿、そして私自身をみつけてしまい私が今までに経験したつらいことや悲しい別れが思い出されて、映画のなかで、噴き出してしまいました。

時には煩わしくなるこうした関係のなかで生きている私が、登場人物のなかに投影されたような気がして・・・。

こんな状態で、一度流れた涙はとどまることなく、2時間近くタオルハンカチを握ったままでした
大阪で生き倒れ、病院から在宅ホスピスへと移された弟が、姉に抱かれて最期の時を迎えるまでずっと「泣きじゃくった」のです。

●私が気になっていた在宅ホスピスは、施設そのものが強調されすぎず、入居している人にスポットがあたっていました。

姉のお見舞いを頑なに拒否する弟に優しく語りかけるなど、ぎくしゃくした身内との関係をとりもったり、臨終というその時まで見守っていてくれる職員やお医者さんのさりげない雰囲気が、観ている者にまで、伝わってきたような気がしました。

「ひとり泣き」して映画館を出る頃には目が腫れぼったくて、お化粧は落ちて「エライこと」になっていました。

家に帰ってその感動を伝えようと
   「映画みて、すごく泣いてしもうたわぁ~」と言ったら

もう何十年も前のこと、『クレーマークレーマー』で涙した夫は、その時私が泣かずに、逆に泣いていた夫をからかったと思い込んでいて、今でもうらみに思っていて・・・。

 「めずらしいなあ、映画で泣くやなんて・・・『クレーマークレーマー』観ても泣かへんかったくせに・・・」

相変わらず、ひとこと多いのです!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック