がまぐちワークショップ

●みやこ記●5月のケーキDAYSの最終日、おてらハウスの2階で、初めてワークショップをしました。

照明も、夫に頼んでレトロな蛍光灯を急きょつけてもらったので、今までと違った感じで明るくなりました。

●臨床美術の講座で知り合った「がまぐち作家」のみけうさぎさんを講師に迎えて約1時間半ほど、8名が「ミニがまくち」作りに熱中しました。

「針を持つのは久しぶり」という方もおられて、最初はややはりつめた雰囲気で始まったのですが、布を自由に選んだりしているうちに、盛り上がってきました。

画像


終わるころには、初対面の方どうしもお話されていました。いちばんむずかしいのは、目うちを使って、布をがまぐちの金具に入れ込むところです。

うさぎさんに「コツ」を教えてもらったのですが、なかなか・・・。ちょっと苦心したところもありましたが、できあがったミニがまぐちを見て笑みが・・・。

画像


ご参加の皆さん、お疲れ様でした。

ワークショップの後は、お楽しみのおやつの時間です。菓子工房うちこしさん「青梅のスフレケーキ」セットを召し上がっていただきました。

●私は準備などで、参加者の皆さんといっしょに作ることはできなかったので後日、ワークショップを思い出しながら自分のがまぐちを作りました。初めてにしては「上出来」と自画自賛!!

画像


●3月、4月、5月はいくつもの課題を抱えて右往左往していました。

イベントや企画の打ち合わせなどで、1日に何通ものメールのやりとりをした日もありました。

家のなかでも、メモ用紙に課題を書き、何冊かのファイルを持ち歩いたりと「ON]と「OFF」がはっきりしなくなり、先日はついにしんどくなりました。

課題のなかには、「やらなければならないこと」と「自主的なこと」に分けられるのですがそれが複雑に入り混じってしまいます。

以前はもっともっと多くのことをこなしていたのに・・・最近は嫌なことがあると「カラダ」に表れてきます

もちろん「カオ」や「タイド」にも・・・。若い時にくらべがまんできなくなったのかしら、それとも素直のなったのかしら。

●「私は夫より忙しい」と思っていたら、夫のほうが課題は多かったようです。ここ数日体調不良で、予定していた行事なども休んでいました。咽喉を痛めたらしいです。

課題の多さを競っている場合ではありませんが・・・。

●今週末、来週末と叔父の納骨や総会などの行事が続き、おてらハウスは、週末、連続のお休みとなります

「よう休んだはるね!」という声が聞こえてきそうですが、まあしかたありません。
右から左へ受け流し・・・ぼちぼちやりたいと思っています。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック