6月「かわること・かわらないこと」

●みやこ記●梅雨の時季になり、じめじめとした毎日、そして「暑くなりましたね」という挨拶を交わすようになりました。服装も「衣替え」でタンスの整理をし、のれんも夏物に取り変えました。

●おてらハウスでは5年目を迎えて、室内の照明がうす暗くなってきました。
一部のスポットライトをLED電球に変え、新しい照明器具を設置するために、工務店さんと相談中です。

画像


今までにも家具を置いたりソファを入れたりして、オープン当初とはかなり雰囲気がかわってきていますが、変えていくことでリフレッシュできるし、やる気もでてくるものです。(ただし費用は伴いますけど)

●変わらないことといえば、先月、お寺関係の某グループの役員改選があり、4年もやっているのにまた引き受けてしまいました。いろいろと気は遣うので、大変やなあと思っていた時に、別のグループから「役員をお願いします」というお話が・・・・・。

「今引き受けていることで、私はいっぱいいっぱい・・・もうこれ以上できません!!」ときっぱりお断りしたいのです。
でも・・・「断ること」にはかなりのエネルギーが必要です。さて断ることができるのか・・・。

こんなストレスを1ヶ月ほど抱えながら、7月になってしまいそうです。

●おてらハウスの6月の展覧会、「かっ羽さんと仲間たち」が終了しました。私が2月に臨床美術士の資格を取得するために受講した講座で知り合った方の個展です。

個展期間中には、雨の中、全国で臨床美術士として活動されている方10数名が集まり、交流会を開きました。
まだまだ知られていない臨床美術をどのように取り組んでいくかなどについて、結構「熱い」トークになりました。

画像


「交流会に参加できなかったけど」という方々が夜の懇親会に合流され、盛り上がりました。

今後も連絡を取り合い、新しい取り組みをしていこうという話になり、9月には臨床美術の作品展をすることになりました。会場がおてらハウスなので、いつものことながら、バタバタと動き回ることになるでしょう。

●今年の下半期は、上記の作品展以外にも、同時に計画中の予定がスケジュール帳に書いてあります。

あれこれ引き受けてしまい、ここしばらく頭の中が飽和状態になってきているなあ・・・「休みたい」と感じている今日この頃です。

夫の体調は、いろいろと検査を受けたけど、原因がよくわからないまますっきりしない状態が続くので、つらそうです。おもしろいことを言って夫を笑わせようとしたりと、私なりに努力しているのだけど・・・。

●ふたりとも低迷状態・・・月末になって、それがひっくりかえるようなことがありました。

関西テレビの朝の番組「よーいドン となりの人間国宝さん」の取材申し込みがあったのです。関西では、かなりよく知られている番組です。

画像


取材と聞いて、テンションが急上昇、案内人の円ひろしさんがおてらハウスに来られて、話をしながら「となりの人間国宝さん」に認定してもらうのです。

先月NHKの「京いちにち」でおてらハウスが紹介されて、その前後はバタバタしましたが、今度は「生声」も入り、やや放送時間も1分以内ではありません。、

お寺の境内にぎゃらりーを作り「おもしろいこと」をしている住職がいる、という設定で、街中を散策する円さん、おてらハウスにやってくる・・・。いやあ―、えらいことになりました。

収録日当日にお葬式があり、夫は大忙しでしたが、約束の時間には間に合いました。私もカフェ営業の準備をして、身内にさりげないお客さんとしてカウンターにすわってもらいました。

準備万端・・・しかし待てども待てども連絡がない、テレビカメラというだけで緊張するのに、待つ時間が長いほど緊張感が強くなる・・・何度もメイク直しにトイレに、主役である夫はもちろんのこと、私も、お客さんになりすました身内のイライラもピークに!

●そしてついに、円さんがおてらハウスののれんをくぐり、一気に収録が始まりました。円さんペースでどんどんと進み、笑いを入れながらのトークです。

クーラーをつけているのに、カメラをあてられるたびに汗が出てきて・・・ああ、メークはどうなっているのかしら。

おてらハウスの定休日2日間に収録され、(二日目はスタッフだけで、衣姿の夫がお経をあげているところなど収録されました。)夫も私も興奮したまま、その勢いでサッカーの試合も観てしまい、今はかなり脱力感です。

放映日は、7月12、13、14日のいずれかになりそうです。どんなふうに映るのか・・・ドキドキです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック