「アートセラピスト」デビュー!

●みやこ記●「どうしてんの?」「元気にしてる?」という声をかけていただいております。本当にお久しぶりです!

●1月、2月はおてらハウスをお休みして、いよいよ3月、そして4月の花まつりイベントに、と気持ちをあげようとしていた時期に、大地震、津波、原発事故・・・。毎日毎日、新聞やテレビの報道で身がすくんでしまいました。

●おてらハウスの花まつりは、浄土宗のお坊さんで華道家とイラストレーターのおふたりのコラボレーション、前夜祭にはジャズライブ(ワイン付)も企画中でした。

住職は、仏光寺での桜まつりの主催者なので、おてらハウスはすべて私が仕切らなければ・・・はりきっていました。

桜まつりの「中止」をうけて、作家さんともいろいろと話し合った結果、おてらハウスの企画も取りやめることにしました。「幻の企画」となってしまいましたが、いつかぜひ実現したいと思っています。

4月に入って、母が入院することになりました。1週間ほどで退院できましたが、田舎でのひとり暮らしなので気にかかります。

私自身も持病の坐骨神経痛で、強烈な痛みが続き、しばらくパッとしない感じが続いていました。

●そんな折、知人に誘われて「大阪わくわく開運祭」というイベントに行ってきました。

画像


いろいろな分野のセラピストが集まり、宣伝したり体験を通して知ってもらい、こういう時期だからこそ元気になろうという取り組みです。

タロット占い、占星術、整体、アロマテラピーなど関西を中心に100を超えるグループが出店しました。

学園祭のように、チラシを配ったり、アッと驚くような仮装でアピールするなど、「別世界」に入ったような気がして、日頃のモヤモヤも賑やかな雰囲気ですっかり忘れてしまいました。

私たちは感性に働きかけた表現活動とコミュニケーションを大切にする「アートセラピスト」として参加しました。

手作りの看板や画材を持って行き、お客さんを呼びこみ、午後から、若い男性も何人か寄って来られて、絵を描いて楽しみました。

「開運祭」の影響かどうかわかりませんが、それからしばらくして「臨床美術士」の資格認定試験に合格の通知が届きました。

これで晴れて活動できます!!おてらハウスを休んで受講した甲斐がある・・・。
アートセラピーを受けたい方は、どうぞお申込みくださいませ。

●4月後半になって急に忙しくなってきました。

50年に1度の「親鸞聖人 750回大遠忌法要」が来月に近づいてきました。住職も私も、役職をいただいているのでその準備に動き始めています。

またここしばらくは、ほぼ1日中出かけることも多く、おてらハウスのほうは閉まっていることが多くなりました。
行事など一段落したら、少しずつ始めて行きたいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック