ウェディングIn軽井沢

●おしょう記●先週末、姪の結婚式で軽井沢に行ってきた。大遠忌と並ぶ、今年前半の一大イベントだった。そして教会でなんと、父親代理でバージンロードを歩いてきた。

●姪はすでに一昨年末に入籍して大阪で暮らしている。今回は1年以上の計画を立てての結婚式イベントだ。

亡くなった弟の代わりにバージンロードを歩いてくれと頼まれていて、いささか緊張して参加した。

あちらの希望もあり、美也子に長男、そして先月に入籍した長女と婿も入れて5人態勢での、家族ぐるみの参加だった。

貸衣装のモーニングを着て早くも緊張気味
画像


行きは専用のバスを仕立ててもらい、半日かけて軽井沢へ。家族中、ほとんど初体験の軽井沢である。

●そして式は何と夜から始まった。会場は、なんでも内村鑑三記念館でもある「石の教会」という、すごく素敵な建築物だ。

館内撮影禁止だったので、とりあえずホームページの写真から
画像


画像


何か暗いところを、ぐねぐね歩いて、よくわからないままに?、バージンロードに到着して、そこから花嫁である姪の腕をとって、新郎のところまで歩く。そして新郎に引き継ぎ、お役御免。

独特の石の壁がライトアップされて、確かに今まで見たことのないぐらいの幻想的な雰囲気の中に執り行われた。

●そして、行ってから気がついたのだが、あちらが用意された宿泊場所は、何とこれも話題の「星野屋」。

画像


前にテレビで見たことがあって、向こうに着いてから、どこかで見たことがある風景だなあと思っていたら、何とその「星野屋」だったのでびっくり!!

自然の川を敷地に取り入れて、河のそばに立ち並ぶコテージ風の建物。隣には温泉もあり、敷地内にも不思議な「瞑想スパ」という、これも初体験の施設。

敷地内や温泉は、このファッションで移動できる
画像


受付棟には、階段状のレストランの他、24時間開放の「図書スペース」まである。いたれりつくせりのリラクゼーション宿泊施設。

画像



●翌日は、これも個人の別荘を利用した「浅間ガーデンヴィラ」というところでパーティー。ここでも親族を代表しての挨拶を頼まれていて、続いての緊張シーンだった。

美男美女の新郎新婦を囲んで、わが家族一同
画像


何かシェフがパフォーマンスをしながらデザートを作っていた
画像


あいにく、晴れていれば浅間山を望めるという中庭は、雨で利用できなかったが、普段体験したことのないリッチな生活を堪能させてもらった2日間だった。都合で1泊しかできず帰りは新幹線で帰省したが、できればもう一泊したいところだった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック