オータム~

●みやこ記●コスモスが咲き、金木犀が香り、さわやかな季節になりました。

●住職の体調もだんだん良くなり、東北への旅から無事帰宅し、おてらハウスでは、久々に展覧会「縁軸百景」を企画するなど、元気が戻ってきました。

今回の展覧会では、僧侶で表具師の栗山知浩さんが所蔵されている作品のなかから、10数点選ばれたのですが、「女子高生」をモチーフにした作品は、来場者の話題となり、新聞にも掲載されました。

話題の女子高生画(画家は井上雄介氏)
画像



新聞取材を受けられる栗山さん(左)
画像


栗山さんのご厚意で、住職の描いた「陰日向」を軸装していただき、スロープに展示しました。

軸装によって格調高くなり、この作品の前にも女性のお客さんがたびたび足を止められ見入っておられました。

ラインに使ってあるのは、18世紀インドのとても高価なキレだそうです。恐縮。
画像


http://sairenji.jp/arekore/page/2 栗山さんブログより

表装は、私の「知らない世界」でしたが、展覧会期間中に、栗山さんが来場者の方々に熱く語っておられるのを聞いて、ちょっぴりわかったような気になったりして・・・

多くの来場者をお迎えし、いっぱい刺激を受けた展覧会でした。

栗山さんは、展覧会が終わってから、お寺のお仕事もあるとのこと、お忙しいなか、ありがとうございました。

●ここしばらく続くさわやかな季節とは裏腹に、「なんかようわからんけど、モヤモヤするっ!」のです。

いろいろなことをやっているのに、どの分野も行き詰まっているように感じています。

糸が絡まっているようでうまく進んでいかない・・・意見交換してもしっくりこない・・・「私っていったいなにやってんの?」と虚しくなることも。

考えていても堂々巡り、結構がまん強いので辛抱しています。

「もうやってられない!!」と放り投げたい・・・こんな時は充電しないといけません。家をでて、「外」の空気を吸うのが1番です。

「外の空気、吸うてるやないか!?」

「確かに吸うてるけど、もっと別の空気を・・」

●映画館まで歩いて10分、近いすぎる、でもとりあえず「外」に出よう!!

「海洋天堂」(中国映画)を観てきました。

アクションスターのジェット・リーが自閉症の息子と暮らす父親役で、余命数ヵ月を宣告され、遺された自閉症の息子がしあわせに生きていけますようにと、限られた時間のなかで、息子の将来を託せる場所を探します。

バスを利用することや料理などを教えたり、息子の得意な水泳を活かして水族館で働けるようにしたり、痛みがきつくなるおなかを押さえながら息子とともに残された時間を過ごします。

病気を抱え、苦悩する役柄ですが、ジェット・リーの眼はするどくて光が放たれているようで、決してくじけず前を向いているような気がして、感動的でした。

●先日は、大阪阿倍野方面で開かれていた知人の個展にでかけました。

画家の彼女とは、2年前臨床美術の講座でお会いしたのですが、その時はあまりお話する機会がありませんでした。

画像


スペインの風景など情熱的な作品に圧倒されて、ついつい夕方まで話し込んでしまいました。

小柄な方ですが、エネルギッシュで、さばさばしていて、地元和歌山でも、絵画教室をしながら、ご自身も絵を描いておられます。

帰りは帰宅ラッシュに巻き込まれながら、なんとか夕ご飯までに帰ることができました。

これこそ「外の空気」でしょうか、まだもう少し充電が必要です。

●10月~11月にかけて超ハードスケジュールですがもう少し遠出したいと思う今日この頃です。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック