締めくくり 2011

●みやこ記●クリスマス前からの寒さが継続中で、朝夕冷え込んでいます。庭は「乾燥地帯」のように乾ききってとても埃っぽくなっています。あと3日で今年が終わろうとしているので、締めくくりたいと思うのですが・・・

●今年はお寺のことでいえば、親鸞聖人750回大遠忌という「50年に1度」の特別な年でした。

ふりかえってみると、50年前の700回忌では、私は祖父に連れられた東本願寺で、見たこともないくらいのたくさんの人がお参りするお堂のなかで迷子になりかけたことを覚えています。

夫は「お稚児さん」として佛光寺まで練り歩いた写真があります。

50年という歳月が流れたけれど、伝えられてきたものは大きいとつくづく考えさせられました。

このたびは「大役」をいただき、与えられた役割を果たすべく最優先して頑張りましたが・・・。

●その他にもいろいろなことに「手」をだして、やっている時は「ノリノリ」で終われば「冷ややか」な状態が交差しながら繰り返されてきました。

「こんなことでいいのかしらん?」などと考えながらも次々と課題に追われた1年でした。

そんなところに年末になってひょっこり顔をだしたのが「ノリノリ」でもなく「冷ややか」でもない「ポーとした」自分です。「ポーとした」からってなにも考えてないのじゃないんですけど。

自分にとって気持ちよいことやヴィヴィっときたことを素直に感じられることかな・・「自分がやらなきゃ!」という
気持ちを遠ざけるとでてきます。

画像


「ポーとした」ら自然に鼻歌がでてくるし「ハハハ・・」と大笑いします。新しい自分の発見に喜んでいます(笑)

●ところで、今年も映画館にはけっこう行きました。

すっきりしたい時、ゆっくりしたい時、泣きたい時、笑いたい時・・・気持ちによって観たい映画を選んでいます。

軽い気持ちで観に行って感動したのが「猿の惑星 創世記」、主役(?)のチンパンジーって私に似てるやん?!
(他人に言われればムッとなるのですが)そんなことで妙に愛着を感じたのです。

画像


もうひとつは、「クリスマスのその夜に」、クリスマスだからハッピーエンドになってほしいのにつらいことが起きる、ファンタジーではなく現実的、ドロドロした人間関係をリアルに描いた見ごたえのある作品でした。

最後の締めとして、久しぶりに個人用のコーヒーメーカー「ネスプレッソ」を買いました。

画像


アルミカプセルのポーションを使い、エスプレッソとレギュラーの両方が楽しめるのです。

しばらくおてらハウスも休んでいるので、自分が「コーヒー屋さん」だということを忘れて「ネスプレッソ」の虜になっている今日この頃です。

●新年1月は、諸事情によりおてらハウスはお休みさせていただきます。私も休暇をとりますので、御用の際にはお電話をお願いします。

2月には、展覧会が予定されています。準備が整いましたらご案内いたします。

それでは、どうぞよいお年をお迎えください。

「マンガ」話題を締めくくりにした夫は、新しいアイデアが浮かぶようで時々パソコンに向かっています。

リビングのテーブルには「このマンガがすごい!今年のベスト10!」が置かれていて、ほぼ無縁の私も「進撃の巨人」を1巻だけ読んでしまいました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック