「奇跡の国発見の旅」展

●みやこ記●あっという間に3月が終わろうとしています。少しずつ暖かくなってきました。おてらハウスでは、先々週「奇跡の国発見の旅展」が開かれました。

メキシコ、グアテマラなど中南米の国々を10カ月かけて旅された舟橋英次さんの個展です。

風景のスケッチ、メキシコで出会った人々の様子を描いた大作(アクリル画)や、南米の地図、写真などがたくさん並びました。

画像


学生時代からおつきあいのある方、介護ヘルパー時代の知人、英会話教室の方、旅先で知り合った人など老若男女さまざま、「10ヵ月も外国へ行っていた」舟橋さんに会いたいと友人知人が続々と集まってこられました。

そのなかには私との共通の知人もおられて、楽しい時間を過ごすことができました。

画像


●帽子に髭の「チョイわるオヤジ」風で、どちらかといえば寡黙な舟橋さんですが、時々私の体調も気遣ってくださり、穏やかにお話しされるとホッとした雰囲気になります。

休憩にはおてらハウスのカウンターで中南米産オーガニックコーヒーを飲みながらいろいろと聞きました。

    「個展が終わったら、台湾へ行く」

    「えっ? また行くんですか?」

    「タイペイで待ち合わせやけどね」


画像


タイペイで待ち合わせって? めっちゃかっこいい!!(「現地集合現地解散」は私の憧れです)

ということで、今はタイペイからずっと南のほうへ旅されていることでしょう。

●さて、月末から4月にかけてお寺の用事がいくつかあり、2つの総会の準備など手帳の書き込みがふえてきました。

7日・8日には「一音一絵 ICHION ICHIE」というイベントがあります。

画像



おてらハウスで山口謙二さんの作品が展示され8日のライブペイントではミュージシャンの川島隆臣さんとのセッションが楽しみです。

おふたりとも姫路在住のアーテイストで、「チョイわるオヤジ」です。個展は入場無料ですので、お気軽にお立ち寄りください。 (ライブペイントのみ有料 2,000円 要予約です)

昨年は、花まつり(お釈迦様のお誕生日)に、イラスト作家のお坊さんと華道家のお坊さんとのコラボレーションとジャズライブを予定していたのです。

夫がほとんど関わらない企画で、不安もあったのですが、花まつりは私のバースデーでもあり「パワー全開モード」ではりきっていました。

しかし東日本大震災のあと、仏光寺の花まつりが中止になったため、うちの企画も急きょ取りやめたのです。

今回のイベントは、最初の打ち合わせから夫がいるので安心です。

そのころには庭の桜もさいているでしょうか。新聞にも掲載されるようなので、たくさん来ていただければと思っています。

●手術後から3カ月、「ぼちぼちやってます」と言っていたのに、最近忙しくなってきました。

急に動くと身体によくありません。「『忙』という字は心を亡くすと書くのです」と女性僧侶の川村妙慶さんが新聞のコラムに書かれていました。

アカン、アカン、忙しくならないようにひとくふうしなくては・・・

そして私も奇跡の国発見の旅に出かけたい!!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック