お地蔵さんつくし

●おしょう記●本当は8月中の昨日に書き込みたかったのだが、8月は一度も書き込めないまま9月になってしまった。

●とにかく7月から8月にかけては本業で忙しかった。

元々、お盆月間は、毎年連続2週間以上は休みなしなのだが、今年はその前後にいくつかお葬式などもあり、日程の段取りその他であたふたしていた。

●8月下旬は、近所のいくつかのご町内の地蔵盆にも頼まれてお参りした。

お地蔵さんにお参りしたり、数珠廻しとか、本来は浄土真宗の教義からいうと「異端」ということになるのだろうが、頼まれた手前、無下に断ることもできず、向こうがそれで良いのならと「阿弥陀経」を読経している。

読経の後、何も話さないのはさみしいので、昨年は「お地蔵さんクイズ」をやり、今年は巷で話題の絵本「地獄」をダイジェスト紹介した。

画像


何でも30年も前に出版された絵本だが、人気のマンガの中で紹介されたこともあり、リバイバルヒットしているそうだ。

要約すると、五平さんという人が、ある明け方いきなり鬼に地獄へ連れていかれるところから始まる。

そして他の亡者と共に三途の川や閻魔さんのところを巡って、結局今回だけは、お地蔵さんの口添えもあって生き返らせてもらえることになるのだが、ついでだからと、色々な地獄を「見学」させてもらうというストーリーだ。

絵は昔の地獄絵などを用いながら、現代の子どもに通じるように考えられている。

大人が見てもなかなか興味深い内容かもしれない。

「あの時、あんなことさえしなければ・・」という、亡者たちの後悔の嘆きが、胸に響く・・・。

●お地蔵さんと言えば、これもフェイスブックに投稿したら、いくつかシェアしてもらったネタだが・・。

たまたま通りかかったコンビニのところで気がついたら、お地蔵さんの祠がびっくりするぐらいコンビニにくい込んでいた。

画像



ビルやマンションにくい込んでいるお地蔵さんは、京都では珍しくないが、ここはその大きさと、効率第一のコンビニのど真ん中というところが面白かった。

●ついでについでに、これは檀家さん向けの暑中見舞いに使った絵カードの「お地蔵さん」。

画像


住職の手描きだが、後で美也子に「これはハスの葉ではなくて睡蓮の葉や!」と突っ込まれた。

そんなことで、9月に入っても忙しさは続いているが、何とか暇を見つけて旅行へでもと願っている今日このごろである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック