テーマ:映画・小説・ドラマ

ミレニアム リスペット

●おしょう記●ここ10日間ほど体調をくずしていた。最初は風邪と思って近くの診療所にも通って薬をもらったが、良くならず、熱はないのに体がだるくてしかたなく、最低限のことだけやって、後は極力寝ころんで過ごしていた。 ●いくつかの行事や会議も休ませてもらったりして、ようやく、ここ2日ほど何とか意欲もわくようになってきたところだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『おとうと』で号泣!!

●みやこ記●雨が続き肌寒い毎日、うちの庭のが山桜がややピンクになってきて、開花する時期を待っているようです。おてらハウスは「花まつり」協賛の展覧会の準備で、4月7日までお休みです。 お休みといってもホントに休暇をとっているのではなく、公私ともに忙しく毎日流れるように過ぎていきます。 ●そんな慌ただしい時に、少し時間を見つけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぐっさん

●みやこ記●早いもので9月も3週目を迎えようとしています。約1ヶ月ほどおてらハウスを休んでいたので、「待っ てました」とばかりに寄っていただいてた方も・・・。ある日のお客さんは2組が外国人で、おてらハウスはつかの間「イングリッシュカフェ」に早や代わりし、アイアイハウスのフェルト製品もおみやげで外国へ・・・。 ●さて今回は、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームアローン!?

●みやこ記●ちょっと暖かくなってきたように感じるこの頃、椿が咲き、雑草がのびはじめて、庭の様子も春にむかっています。3月は「これから新しいことを始めよう」という気持ちになる季節。 ●おてらハウスの戸はまだ「閉店」となっていますが、企画の打ち合わせや「いつから開けるんですか?」という電話もあり、いよいよ再スタートしなければ・・・開店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月いく

●おしょう記●今月も早くも終わりかけ、今のうちに何か書かんとあかんやんかと、言われて書き始めたが、さて何を書こうか? ●1月の前半に本山のお経の当番も終わり、本山機関紙の編集委員会と慰労会があり、先週と先々週はお葬式が入り、その間に美山の義父の満中陰(忌明け)法要もようやく終わり、いくつかの法事や月参りがあり、本山の朝のお説教のピ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

バガボンド

●おしょう記●祇園祭の鉾立ても終わり、いよいよ京都市内は祇園祭モードになりつつある。今年は比較的梅雨明けが早そうで、鉾の巡幸前後も良い天気になりそうだ。と、いうような話とはがらっと変わって、今回は「バガボンド」の話し。知る人ぞ知る「宮本武蔵」のマンガ版である。 ●なぜ今「バガボンド」かというと、実はこの7月6日まで、東京の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

50年前の週刊誌!

■おしょう記■おてらハウスは現在ギャラリー企画ではなく、「アンティークブック・カフェ」の名のもとに、ガラクタ?の中に古い絵本やマンガ、雑誌などを置いて自由に読んでもらうという期間にしているが、中にことさら古い雑誌が混じっていて、日付をみるとちょうど50年前のものであることがわかった。 ■今からちょうど50年前、昭和33年(1958…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休あれこれ

●おしょう記●あっという間に連休も終わった。毎年日程途中にお参りがあったりして、特に大それた計画は立てないのだが、例年通り、美也子の実家の美山に一泊だけ帰省した。 今年は美也子の一番下の妹の家族3人も同時期帰省で、久しぶりに一緒に夜バーベキューなども。妹家族の娘(姪)も今年から短大生になったそうだ。バーベキューの後の炭の上に薪を置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「ちりとてちん」

●おしょう記●本日、NHKの朝の連続ドラマ「ちりとてちん」の最終回だった。毎日これを見ないと始まらないぐらいはまっていたので、結構さみしい。来週から何を楽しみに生きて?いけばいいのか。 ●実際この「ちりとてちん」は、ユーモラスな中に、結構含蓄のある言葉がちりばめられていたので、法話(お説教)その他でも十分活用させてもらっていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本原画展

★みやこ記★2日間の休みをはさんで、みたにゆきさんの絵本原画展の、後半の部が再開されました。絵本「やさしい雲」は、雲の変化を通して心の揺れ動くさまを、素直に表現されていて、パステルで描かれた柔らかな色が、心の奥深い部分をあらわしているようです。和紙を染めた美しい表紙で綴じられた手づくりの、とても素敵な絵本です。 ★展覧会の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島のおみやげ

★みやこ記★前回書いた桜の葉っぱがどんどん散ってきて、境内がオレンジ色になりました。掃いても掃いても、風がスーッと吹くとまた散って、今日は1日中時間があれば、ホウキを持って葉っぱと格闘していました。 ★先日住職が日帰りで、広島に「出張」しました。幼稚園も運営されているお寺で研修会があり、そこへお説教の講師として呼ばれたのです。(参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十二単衣展、大盛況!

★みやこ記★雨があがり、蝉が鳴き始め、朝顔が開花しました。いよいよ夏です!連続したイベントでくたくたになりました。臨時休業2日を含めた4日間をしっかりと休み、明日から7月最後の営業です。 紀香さんのスタッフ、穐田みかさん(中)と共に ★「平成画僧展」最終日の15日の夕方に「トークライブ」イベントを開催しました。その日は朝から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華麗なる一族

★みやこ記★ドラマが始まってすぐ、うちにあった超古い「華麗なる一族」3巻(いつからあったのか、誰が買ったのか、本棚にずっと以前から並んでいた)を読み始め、寝る時間を惜しんで昨日読了しました。ドラマの進行に遅れないように、特に展開の早かった3巻目は一気に読み切りました。おかげで花粉症で真っ赤になった目には、かなりのダメージです。 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武士の一分

★みやこ記★昨年末に「これはぜひ」と思っていた映画「武士の一分」をやっと観ることができました。「武士の一分」は、あちこちでその評判が良いので、主演のキムタクが現代的なだけに、果たして時代劇にはむいているのかな・・・と思っていましたが、やっぱり評判のとおりでした。「たそがれ清兵衛」・「隠し剣鬼の爪」にはないものを感じました。 ずっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の朝顔他

★みやこ記★おてらハウスのカウンターに立って窓のほうを見ると、季節はずれのあさがおが咲いていました。真夏には咲かなかったので、もうだめだとあきらめていたのですが、美しいピンクの花がいくつも開きました。おてらハウス再開の週、ゆっくりとスタートしました。 ★看板には住職手作りの赤い屋根がつきました。高倉通も柳馬場通からも良く見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寅さんに チャンネル取られて もらい笑い

●おしょう記●おてらハウスは6日から再開しているが、支配人ともども、まだ完全にリズムがとり返せていない感じもする。ギャラリー企画はまだ始まっていないが、ぼちぼちお客さんにも来ていただき、徐々に波に乗り始めているところか?と、いう話は置いておいて、なぜかここで急に「寅さんネタ」。そうあの「フーテンの寅」の寅さんである。 ●そもそもは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パイレーツ オブ カリビアン

●おしょう記●宵山から早くも10日。いつもは鉾巡行ぐらいに明ける梅雨も1週間以上長びいた。毎日これでもかというぐらいの雨、雨、雨!。そんな中、21日からは本山の式務(お経をあげる当番)が始まり、毎朝6時半から本山のお朝事に参加している日々。 また、8月のお盆の予定を立てて、それを毎年寄せていただくお宅に、電話で連絡して確認をとる作…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

指先で紡ぐ愛

(おしょう記)先日TVで「指先で紡ぐ愛」というドラマをやっていた。盲聾障害を持つ福島智さんをモデルにしたドラマだった。 福島さんについては、「徹子の部屋」などにも出演されていて有名な方だし、著書「渡辺荘の宇宙人」も読んだことがあるので、ある程度は知っていたが、今回は特に、未読の奥さんの同名の著書を原作にしていて、二人の出合いとその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more