おてらハウス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ●年末愚痴おさめ

<<   作成日時 : 2015/12/30 22:23  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

※日常の中で感じた愚痴を、今年中に除夜の鐘を突くように吐き出してみようと思いました。いかに自分が小さい人間かの自戒も含めて・・(^_^;)

★その1 「カウンターバー」

その日、某忘年会の帰りだった。珍しく1次会のみで帰宅しようとしていたのだが、帰り道、いつも気になっていた、小さなバーの前を通りかかった。

ちょうどよく通る道の正面にあって、ドアや壁が全面ガラス張りになっている。その中に4,5名も座れば満員ぐらいの小さなカウンターがあって、金髪の兄さんマスターがカウンターの中に座っているところをよく見かけていた。

一度通り過ぎてしばらく歩いていたのだが、少し時間もあったし、一度どういうバーかのぞいてみようという気になった。

知っている限り、客が入っているところを見ることも少ないし、一杯ぐらいひっかけて、どういうバーか聞きながら世間話をしてみるのも一興かと思った次第だ。

さて、そのバーまで戻ってドアを開ける。ドアを開けないでも客がいないことは、外から一望の小さいバーである。今日初めての客かもしれないからきっと歓迎されるだろう。勝手にそんなことも考えたりしていた。

ドアを開けても、「いらっしゃい!」の声も聞こえないのがやや拍子抜けだったが、一応聞いてみた。

「こちらはショットバーか何かですかね?」

相変わらずカウンターの中に一人で座っていた金髪のマスターがブスッと言った。

「いちげんさんはお断りしてるんすけどね。」

画像


思わぬ展開にうろたえながら、

「ああそうですか。いや、いつもよく通りかかっていて気になっていたのでね。」

やっとそれだけ言って引き返してきた。

もちろん、そんなバーがあってもいいと思う。客が少なそうだと、わざわざ引き返したのもこちらの勝手な思いこみである。

しかし、しかし、それなら言いたい!(なぜか広島弁で)

「いちげんさんお断りの店が全面ガラス張りじゃと?こんな目立つ場所で中まで全部見通せるぐらいのところにあって、さも来てくださいとでも言いたげにカウンターの中に座っておって、店の外のどこに、いちげんさんお断りと書いてあるんかの?わざわざ引き返したのはこちらの勝手じゃが、一応客として来たもんに、すみませんけどの一言もなく、まるで迷惑なような口聞きをしおって、そんなにいちげんさんに来てほしいなかったら、ガラス張りにせんと全面板張りにして、中は見えんようにして、大きい字で、いちげんさんはお断りとか会員制とか書いとけえや。今どき、祇園の店でもいちげんさんお断りとかは少ないじゃろう。ひょっとしてぬしは、間違うて入ってくる客に、いちげんさんお断りとか言いたいために店をやっとるんじゃなかろうな。」

などと言うことは、もちろん大人なので、おくびにも出さず帰宅してきたのであった。


★その2「パン売り場にて」

先日、知人に紹介された新しいスーパーOに初めて出かけた。ここは食料品専門店だが、特にパンが安くておいしいと聞いた。

行ってみるとオシャレなつくりの店舗で、確かにパン売り場には、上等そうなパンがALL100円などと書かれていて、ほとんど取り放題のような感じである。

デパートはもちろん、コンビニより安いと、調子にのって5〜6個をビニール袋に入れた。ここはトレイではなく、ビニール袋などに入れてレジに持っていく方式らしい。

レジで精算。デパートなら軽く1000円を超える量だが、ここは500〜600円。すごく得をした気分になっていた。

さてレジを抜けて、そのまま帰ろうとした時、いきなりビニール袋が破けて、中のパンが床にこぼれてしまった。

しまったと思ったが、よく考えると店の袋が破れたわけだから、こちらの責任ではないのではないか?

そう思って、落ちたパンを拾い、先ほどのレジの女性に訳を話した。レジの女性はすぐにパン売り場のお姉さんに話をしてくれた。

やれやれと思って、パン売り場に戻る。パン売り場のお姉さんは、元のパンと見比べながら、いかにも忙しそうに、せっせとあちこちからパンを集め直している。

画像


忙しいなら、こちらでと思ったが、とりつくしまもないほど、無言でセッセと手を動かしている。声には出さないが、その態度は迷惑そうで、どうも気分を悪くしているようにさえ見える。

そうして集め直したパンをまた無言でこちらに渡す。

「あっ、すみません」と、声を出したのはこちらであった。それでもやっと「このパンはどうやって持って帰ったら良かったんですかね?」と尋ねてみた。

「レジで袋を買っていただくことになっています!」と言い放してパン売り場の女性は離れていった。

確かに一般のスーパーならレジで別の袋をもらったりするだろう。しかし元々手に持てるビニール袋にも入っていたし、レジでも袋がいれますかとは聞かれなかった。だから元の袋のまま持ち帰ろうとしたのだ。
何か釈然としないまま、それでも大人だし、ここでどうこういうほどのものじゃあねえ。そう思っておとなしく帰路についた。

しかし、帰り道でずっとこの言葉が鳴り響いていた。「これって、何かボクが悪かったの?」

・私の中の悪魔のセリフ(なぜか広島弁で)

「元々そちらのビニール袋が弱いから破れたんじゃろう!最初にいくつも入れていいかと聞いた時にも、どうぞと言うとったじゃろうが。たまたまレジを通ってからじゃったが、ひょっとしてレジを通る前にも破れておったかもしれんじゃろうが。レジでも別の袋とは言われんかったし、パン売り場とレジの関係などこちらの知ったことじゃないわ!店として一貫した対応をせんか!いくら新しい綺麗な店をオープンして、安いパンを売っているかもしれんが、ちゃんと最後までサービスを貫徹せんかったら、すぐに口コミで評判が伝わるぞと店長に言うとけや!」 

おお怖っ!

★その3 「布教キャンセル事件」

実はこれが一番の愚痴なのだが、あまりに生々しくて、まだ関係各位に影響があるかもしれないので、詳細はさけたいと思う。

ただ、上の事例をみてもわかるように、結構、根はネチネチと陰湿な性質なので、自分でいうのも何だけれど、一度敵にまわすと怖い人間かもしれないよと某氏に伝えたい。

●ということで、小さな人間の愚痴で今年も終えさせていただきます。みなさん良いお年を!!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
●年末愚痴おさめ おてらハウス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる